May 15, 2016 共に生きられる人と友達の違い

単純に楽しい時間を過ごす友達と、
共に生きている共同体感がある人たちの違いはなんだろうか。

個人的には、哲学的だったり未来志向的だったりした話題での対話を経験しているかどうかが大きい気がしている。

ここでは、話題についての知識よりも、対話の姿勢の方がより重要だと感じている。
ざっと以下のような姿勢があると思う。
・真剣に聴いて欲しい時、真剣に聴くことができる
・まず相手の意見を理解しようと努力できる
・自分の意見も話してくれるが強要はしない
・固執せず自分の意見や考えを変えられる余白がある

自分は基本対話は照れくさいので茶化したりネタにしたりしてしまうことが多いのだけれど、いつまでも対話ができる人間でありたいと思う。しかし年を取るたびに難易度の上昇を感じる。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

May 15, 2016 まっすぐな道でもひとりじゃない

孤独とか自殺といった重いテーマを扱えるようになりたいと思ってきたが、まだまだそんな器があるわけでもなく、ここ1年くらいはちょっとゆるふわにして「ひとりじゃないこと」「ひとりじゃなくすること」を日々の裏テーマにしている。

「おーい生きてるか」
「生きてるぞ」
「そうか」
たまにこのくらいのやりとりができて、同じ時間軸で生きてるんだなあ、というよろこびを実感できるだけでいいのかもしれない。

種田山頭火は「まっすぐな道でさみしい」と詠った。人生に例えると、生から死へと続く道の途上で、人それぞれ感じる寂しさがあるだろう。だけど、その寂しさを抱えているのはひとりじゃないんだ、そう思えるだけでいい気もしている。

ひとりじゃないぞ。
ぼくも生きてるぞ。
きみも生きてろよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

May 8, 2016 楽しくて嬉しくて走り出す

菊次郎の夏、という映画を見た。
とても良い映画だった。(以下ネタバレあり。)

あらすじはこうだ。

夏休み。浅草。親がおらず、どこへもいけない主人公の少年。周りの友達はみんな家族旅行などに出かけ、置いてけぼりをくう。そんな中、「他所で自分のために働いている」母親の住所を知る。住所は名古屋であった。少年は母親を訪ねに行くことを決意する。その道中に、菊次郎というやくざ者が同行することになる。菊次郎はいろんなハプニングをおこしながらも、二人はやがて母親の元にたどり着く。しかし、その母親には既に別の家庭があった。
落ち込む少年を、菊次郎と、道中で出会った大人たちが励まそうとする。一緒に遊び、楽しませる。少年にとって、忘れられない夏休みになる。少年は笑顔で、走りながら家路につく。

物語の冒頭は、このラストシーンからはじまる。
旅の道中で手に入れた、ヘンテコな服やバッグ、鈴などを身につけ、笑顔で走る少年。道中で出会った怖い出来事、野宿、変な経験、愉快な大人たち、夏の思い出。

特に、河原でおっちゃん達が、童心にかえり遊ぶシーンが、楽しすぎて面白すぎて。何もかも忘れて、遊ぶことに夢中になってる。そう思わせてくれるシーンだ。

夢中になって思いっきり遊んで、楽しすぎたら、きっと嬉しくて、走り出してしまうんだろう。きっと多くの人が、そんな感覚を味わったことがあって、きっと覚えてるかはわからないけど、その感覚を持っていることはとても大きな価値なんだろう。その価値は何かに換算したり交換したりできるものじゃないだろうけど、間違いなく宝物だろう。

ここ数ヶ月になってようやく2、3歳〜小学生くらいの子供たちと遊べるようになってきた。彼らと遊ぶときにぎこちなかった自分がいた。きっと彼ら彼女らに自分が受け入れられるか怯えているのだろうと思う。だけど、きっと彼ら彼女らは、素直だから、楽しい時は楽しいし、退屈な時は退屈だし、一緒に遊ぶんなら僕もそれでいいんだと思った。ただ単純に、楽しいと思うことを楽しいようにやればいいんだ、そうなんだろうきっと。

そして、受け入れてくれたら、共に楽しい時間が過ごせたら、
嬉しくて走り出して、どんなに楽しかったか、聴いてくれる人に聴いてもらうんだと思う。そんな風に僕も生きていけたらと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Apr 24, 2016 何をやっても誰かの役にはたつのだから、自分がやりたいことをしよう

ここ二週間、九州をバイクで周りながら、今後どういう生き方をしていこうか、どう生きるべきかを考えていた。
結局行き着いたのは、「好きなことをしよう」というシンプルな答えだった。

小説「海賊と呼ばれた男」で、日本の戦後復興と経済発展に尽力してきた主人公が、人生を振り返り社会を見て自分のしてきたことが本当に正しかったのか疑問を持つシーンがある。物質的豊かさを享受し、それがゆえに渇きのような欲求を持たず、どこか生きる力が減衰したように見える若者。石油を湯水のように使い、気候変動などの様々な「次の問題」を生み出した社会。結果的に問題が変化しただけで、自分のやってきたことは正しかったのか、という問いかけを投げかけるシーン。確かそんな感じだったと思う。

海士町では挑戦する自治体として各種メディアで取り上げられたり、バブルともいえる状態が続いていたし、今後そんなバブルは加速するようにも思える。地方創生は進むだろうし、新しい建物はたつし、どんどん人も来る。島としてはいいことなのだろうが、そんな中、僕の好きだったある場所は見る影もなく残念なものになってしまった。

自分のしている仕事が、ただ人を利用しうわべを語り金をもらう卑しい仕事のように思え、仕事ができなくなった事がある。

海士町の福祉施設でバイトしてる時に読んだ、幸福をテーマに扱った本によると、例えば腕がなくなったり、宝くじか何かにあたって経済的豊かさを享受したりしても、短期的にはその人の幸福度は増減するが、やがてその状態になれ、変化が起こる前とそれほど変わらない幸福度になるらしい。

上記のようなことがあり、「全てのことには作用と反作用があるから極論何もしない方が誰も傷つけずに済むんじゃないか」といったことを長い間考えていた。社会変革に熱意を持ってる人は結局その人のニーズを自身だけで賄えないから社会を作り変えて(その結果起きた負の変化には目をつむり)満足してるだけのエゴイストだよな、と思っていた。今でもそう思う自分がいる。

結局それも一つのものの見方で、真実なのだろう。
だけど違った側面から見ることもできるんだと気づいた。

社会の大きな仕組み、生態系の中で、それぞれが大小の部品として生きている。善悪や効率性美醜などの概念を横に置いておけば、ぱっと見何のためかわからない部品でも大なり小なりきっと何かの役に立っている。

引きこもりでもその自治体にいるから地方交付税がおりる。
嫌われがちな新聞やNHKの集金人だってアナログに集金する手段として会社にとっては大切だ。
政治と経済の癒着があるからこそ仕事がもらえ生きていける人がいる。
ホストクラブやキャバクラ、ぼったくりバーなどがあるから日本の煌びやかなネオン街が生まれ、結果攻殻機動隊のような世界中から認められる作品が生まれることにつながる(かもしれない)。
様々な問題の引き金となった産業革命により、生きられなかった命が生きられるようになった。多死から少死になった。
行きすぎた経済により貧困格差が生まれているが社会保障の源泉は経済活動が膨れ上がったおかげかもしれない。
人工知能は今後更に多くの人の職場を奪うだろうが、同時に人類のさらなる飛躍には不可欠だろうし、人類の夢でもある。

皆何かを犠牲にし、何かのためになっている。

では、何をやっても誰かの役には立っているとするならば、どうしようか。幸福の最大化とか、大切な人を笑顔にとか、自分の価値の最大化とか、誰かにしわ寄せのいかない社会をとか、色々あるだろう。しかし結局は「自分のやりたいことをする」ってことなんだろう。自分にとって心地よい社会、生態系を作れるよう努力する。それだけだ。

では、僕のいまやりたいことは何だろうか。
DJをすること。国つくること。アウトドアをもっと日常に。
芸術すること。仲間と笑って楽しくプロジェクトまわすこと。
別にそんなことしなくても僕たちには価値があるし(その価値は自分たちで存在していると思っているだけだけど)、
そんなことしなくても十分に幸せになれるんだけど、その前提の上でそれでもなおそれをただやりたいからやるんだろうと思う。

アクセルをふかしながら、かつてのネスカフェのCMソングを口ずさんでいた。
「あなたが思うよりも世界はもっと素敵よ」
見方一つで、世界は汚泥に包まれうるし七色にも輝き出す。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Jan 23, 2016 矢面に立つ、ということ

「三十にして立つ」人が、どこに立っているか。矢面に立っているのかもしれない。

これまで、批判されるのは会社だった事が多い。
だから、そんなとき、僕たちも会社を責めることができた。

「僕もその批判は真っ当で、もっとこうしたらいいと思うのだけれど、会社はそうしないからしょうがない」

矢から身を守るは会社という盾だったのだ。

独立するということは、その盾を手放す、ということだ。
厳密にはまだ手放せきれていないのだけれど。

今後、批判や非難の矢は、自らの体に刺さることになる。
「傷ついてなんかない」と平然とした顔を努めて浮かべながら、血を流しながら進んでいくことになるのだろう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Jan 22, 2016 ミニマルよりも、アウトドア

いつでも、どこへでも行ける人になりたいと、幼少期から思っていた。

いつしか、雑多なモノ(しかも、多くの場合不要な)に囲まれて生活していた。

4月からの自転車旅行に備え、最近はモノを減らしはじめた。
そのついでに、最小限のもので暮らす「ミニマリスト」についての本を読んだりしはじめた。

結果、僕が目にしたミニマリスト達には、殆ど憧れを持たないことに気づいた。

理念は共感できる。
最小限のもので、ノイズを少なく暮らす。

だけど、どこか線が細く、儚く脆い印象を受ける。
都市生態系でしか生きていけなそうなイメージ。
僕が目指すのはこれではない。

バックパック一つで、いつだって出かけてしまい、
どこでだって生きていけるような逞しさ。
僕が欲しいのはそれだった。
それはどちらかというと、アウトドア、という言葉だろう。

とりあえず、必要と思える道具を買った。
のこぎりと鉈と組み立て式ストーブで、行く先々で枝を拾い、
自炊に挑戦することを夢見ている。

課題は燃料の安定した調達だ。
嵐が去った後、枝を拾い集めて燃やしてみたが、湿気ていて燃えなかった。
・・・どうしようか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Jan 22, 2016 あらしのあさに

粉雪を撒き散らしながら、島に嵐がきた。

僕はその夜、ワインを飲み、酔いにまかせて眠っていた。

翌日、朝4時に目が覚めた。その後は風もうるさく、眠れなかった。

6時過ぎ、部屋の片隅に飾ってある、ベルギーで買ってきたマグリットの絵のポスターを眺めていた。

だんだん窓の外が明るくなってきた。絵が刻々と変わる。
うつくしいと思った。見とれていた。

ちょっとした奇跡とか、新しい出来事は、きっと気がつかないうちに、いたるところであらわれている。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ